> 以前の記事
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
> ご訪問、感謝デス!
ご訪問、誠に有難うございます。
「今日のヒメゴト」は、皆様によって支えられております。


> 最新のトラックバック
おいおいおいwwwwwww
from ぷちょ
はわぁぁぁわわぁあ!!!!
from タラ様
ナスwwwwwwww
from マサマサ
Η(・∀・)イイ!!
from しんや
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
X54ESDRAいいです..
from X54ESDRA大乱交スマッ..
NtQyCOR0いやマヂ..
from NtQyCOR0くれくれ厨
FrcKAMpIディープ..
from FrcKAMpIハメ次郎
uTJmxAEY俺の女神様w
from uTJmxAEY不死鳥
カテゴリ:音楽( 36 )
『Push The Button』 The Chemical Brothers

ここに告白します。俺、フジロックの時、ケミカルで爆睡しましたから・・・切腹!

最初の数曲ノリノリで聴いてたものの、ちょっと休憩してる間にあの世に往ってしまってました。目が覚めたら、「The Private Psychedellic Reel」(いつも最後にやる、アレ)始まってるし。世界一豪華な子守唄ですな。

そんな俺の「ケミカル、もういいよぉ~。ライブ、いつも一緒やし。」ってな萎え萎え気分を一気に揺さぶる今回の新曲、Q-Tip参加の「Galvanize」!Goo辞書によると、[流電気を通じる; 活気づける; 電気めっきする]みたいな意味だそうですが、まさにタイトル通りにビリビリやられちゃった訳です。いやぁ~、ループするバイオリン(?)のエスニックなフレーズがメチャメチャかっこいいですなぁ。

アルバムのほうですが。割と歌モノ(Hip Hop含む)が多いなぁ~という印象。中でもThe Charlatans参加のM-2「THE BOXER」やら、Bloc Party参加のM-3「BELIEVE」、Anna-Lynne Williamsのボーカルが冴えるM-4「HOLD TIGHT LONDON」なんかがカッコイイです。

歌モノ以外でも、アジアっぽい楽器(シタール?)が印象的なM-10「Marvo Ging」とか、「The Private・・・」を彷彿させる苗場で爆音で聴きたい曲、M-11「Surface To Air」とか好きですね。

総合的に見ると、「Galvanize」以外はインパクトある曲はそんなにないけど、1曲1曲が聴かせるなぁという印象。聴き込むうちに、ハマって行くんではないでしょうか。

あと最後に・・・CCCDってどういうことだよ!?オイ!
[PR]
by KUBOTCHI | 2005-01-21 10:14 | 音楽
『氣志團現象 最終章』 in 大阪城ホール
氣志團行って来ました!ツアー最終日!大阪城ホールです。つーか、ギターの星グランマニエがくも膜下出血となり(泥酔して転落)、公演中止になった分の延期なんですけど。いやぁ~、とにかく凄いライブ、もといギグでしたぁ。

18:30に開演。いつもどおり、COMPLEXの「BE MY BABY」で登場。「黒い太陽」、「GOD SPEED YOU」、「スウィンギング・ニッポン」など・・・。会場のおよそ8,000人ほぼ全員がバッチリ踊ってる光景は壮絶。

19:30頃、氣志團の専属ダンサー・微熱DANJIソロライブ。なんでも昨年CDデビューしたんだとか。デビューに至るまでのオーディションのVTRが、アサヤン風でかなり笑った。(『このあと、大発表しちゃうんです!』みたいな) 翔やんがつんく風で。

その後、氣志團マネージャー(♀)が登場。小林幸子バリの豪華衣装でアン・ルイスの「WOMAN」→マドンナばりのセクシー衣装に着替え、XJAPANの「紅」を熱唱。その後、微熱DANJIとの絡み(コント)が約30分ほど。腹筋ちぎれそうな程、笑った。

メンバーによる余興&カラオケ大会。白鳥松竹梅のマツケンサンバなど、盛りだくさん。これまたスベリ知らず。大爆笑の連発。いつになったら曲やるねんw

20:30頃、ようやくギグ再開。「恋人」や終盤の「One Night Carnival」大合唱など、大いに盛り上がる。ダンスなど完成度の高さには大変恐れ入る。

21:30、アンコール。翔やんのMCが約20分ほど。ちなみに本編でも20分近くしゃべってた。ライブでこんなしゃべるヒトは、やしきたかじんぐらいじゃないか?(しかも大ウケ)その後、「もしもツアーが失敗していたら・・・」と言うブラックなVTRが流れる(借金を苦にメンバーが自殺、翔やんはヤクザに東京湾に沈められる・・・etc)。

VTR終了後、プロデューサーの阿部義晴(元ユニコーン)登場。星グランマニエに花束とヘルメット(!)持って来たのには笑った。さすが、シャレの分かる人だ。阿部さんはそのままキーボードとしてバンドに参加。エンドロールが出て来て、終わりかと思いきや、もう1曲。「國道127号線の白き稲妻」で締め。最後はチェッカーズ「Jim & Janeの伝説」(いこうぜ!ピリオドの向こうへ!の元ネタ)が流れて終了。

なんとなんと、終わってみると4時間ものギグでした。ライブ見に来たのになぜか腹筋と頬が痛い・・・。4時間ほとんど笑ってたからな。この人たち、マジでサービス精神旺盛。エンターテナーです。凄いよ。
[PR]
by KUBOTCHI | 2005-01-20 01:26 | 音楽
スピッツ 『スーベニア』

無職で貧乏なもので。最近あんまりCD買えないんだよなぁ~。で、あんなワザやこんなワザを使って音源を入手してるんですが(ここでは言えませんが)・・・。1曲目試聴して、マッハで買ってしまいましたよ。すごくイイです。

M-1の「春の歌」はスピッツ的キラーチューン!M-2の「ありふれた人生」がまたまたキュンとなるような泣きメロ。この頭2曲で心臓を撃ち抜かれたような感覚になります。なんか、光景が浮かんでくるような・・・。先行シングルの「正夢」はこれまたヤバイぐらいスピッツな名曲なんで、この3曲聴くだけでも買う価値があるのでは?M-3のスピッツ的パンクダンスチューンな「甘ったれクリーチャー」もイイです。

そんなステレオタイプなスピッツ曲はもちろん、沖縄民謡みたいなM-5「ナンプラー日和」やレゲエなM-10「自転車」なんか聴くと、「スピッツって、何やってもスピッツだなぁ」と思います。もちろん、いい意味で。

透明感とクネクネ感がいい割合で共存してて、スピッツらしい良いアルバムです。
[PR]
by KUBOTCHI | 2005-01-18 00:33 | 音楽
CHUKURI NIGHT @ 長堀橋firefly
NIRGILIS主催パーティ、CHUKURI NIGHTで聖夜を過ごして参りました。いやー久しぶり。9月以来だっけか?

いつもどおり俺はビール飲みながら、時にはDJやバンドの繰り出す音楽に体を躍らせたり、時にはいつもの仲間としゃべったりと楽しいひと時を過ごしました。D床君の初参加には予想すらしていなかったのでビックリしました。(身内ネタですいませんw)

それよりも今回もっとビックリしたのが、ゲストで登場したワタナベイビー!ウクレレ弾き語りで「スマイル」などの名曲を演ってくれました。NIRGILISからのクリスマスプレゼントですね。感激。

もちろん主役のNIRGILISも最高!今回も気持ちよく踊らせてもらいました。新曲も良かったし、ブリトニーのカバーには思わずやられちゃいましたw

クリスマスってことでライブ中にもお酒が振舞われたり、いかにもCHUKURIらしいアットホームな面も残しつつ。最後にくりがかけた曲が「This is 運命/メロン記念日」だったのは俺や今回来れなかったH野へのメッセージとして、しっかりと受け止めておきます。(また身内ネタですw) サンキュー、くり。そしてサンキュー、NIRGILIS!次の凱旋ライブを心待ちにしてます。

P.S. アッチュに「だいぶお腹出てきたんじゃない?」と言われちゃいました。わかっちゃーいるけど、ショックでした(涙)
[PR]
by KUBOTCHI | 2004-12-25 13:33 | 音楽
THE HIGH-LOWS @ なんばHatch
ハイロウズのライブに行ってきました。

↓ に書いたような事件があったため、ムナクソ悪いままの参戦でしたが。。。

最初、「え?まじでSOLD OUTなの?」ってぐらいの入りで、7割ぐらいしか埋まってない感じ。ぶっちゃけスカスカです。なんだかなぁ~と思ってるうちにライブ開始。ヒロトとマーシーが出てくればやっぱりテンションは上がります。ヒロトは革ジャン、マーシーは破れたTシャツ着て登場。カッコイイです。

前半は、ニューアルバム「DO!! THE★MUSTANG」からが中心でしたが、正直盛り上がりに欠けると言うか・・・。なんだか本人たちもあまりノリきれてない気がしたのは気のせいか。途中に「青春」とか、前の曲もやったけど、なんだかなぁって感じ。

しかし!途中でヒロトがいきなりTシャツを脱ぎ捨てたのが何かの合図なのか?いきなり 「不死身のエレキマン」、「ミサイルマン」と畳み掛ける!知らん間に7割程度の入りだったフロアが超満員になってるし。温度も20度ぐらいは上がった気がする。みんな、この瞬間を待ってたのか?

その後も「俺軍、暁の出撃」、「相談天国」、「真夜中レーザーガン」などもう失神寸前のチューンを連発!あと5年若ければ間違いなくダイブしてました。いやー最高でした。

あと、関係ありませんが、ライブ会場の外で二丁拳銃の小堀らしき人を見ました。奥さんと赤ちゃんも一緒でした。2階席で見てたようです。
[PR]
by KUBOTCHI | 2004-12-20 23:39 | 音楽
モーニング6th&メロン2nd
会社の悪口ばっかりでは、なんなんで。どんどん内輪ネタになりますしねw
たまには元軽音サークルらしく、アルバムレビューでもしましょう。と言うわけで、最近Dropされましたハロプロ系アルバムをレビューしたいと思います。って、いったいどこが軽音サークルらしいのか!?

『THE 二枚目』 / メロン記念日

c0007209_10104585.jpg


「チャンス of LOVE」、「MI DA RA 摩天楼」、「かわいい彼」、「涙の太陽」、「シャンパンの恋」と、今更説明の必要ナシの名シングル(説明必要だよっ!?と言うツッコミはこの際、無視)5曲を含む待望のセカンドアルバムがDrop!1年半前にリリースされたファーストもなかなか好きだったので、期待大でしたが。やっぱり良かったですわ。

ヒット(?)シングル以外の楽曲も抵抗ある曲はなく、まぁ飛び抜けて気になる曲ってのもないのですが。まぁ、可もなく不可もない彼女らのルックス(柴田以外は不可?)同様でいいのではないでしょうか。俺にとっては、メロンが楽曲を発表してくれるだけでそれなりに嬉しく、感動すら覚えるものなのです。

あとアルバムとは関係ないですが、村田がメガネキャラに転向したことは「メロンヲタ」というかなりマニアックな層に照準を絞った良い選択ではなかったかと思うのですが・・・(*´Д`)ハァハァ



『愛の第6感』 / モーニング娘。

c0007209_10313361.jpg


メロンとは正反対で、「浪漫~MY DEAR BOY~」、「女子かしまし物語」、「涙が止まらない放課後」など売り上げ面から見ても出来面から見てもどうしょうもないシングル3曲を含むアルバムでなーんの期待もしてなかったんですが。いろいろ隠れた名曲アリで、全体としてはなかなか良いアルバムではないかと思っております。

「春の歌」はMISIAの新曲と言われても納得できる本格ポップスだし、聴くに耐えないことが多いハロプロHIP HOP系楽曲の中で、「独占欲」はDA PUMPや嵐ぐらいの高水準に思うし、「SHIP!TO THE FUTURE」も「でっかい地球に愛がある」や「卒業旅行」に継ぐ大団円曲で良いです。こうやってアルバムで通して聴くと、ゴミ曲と思っていたシングルたちもそれなりにいい曲に聴こえるんだから不思議なもんです。まーいつも言ってるように俺としては超メガヒットシングルをDropして欲しいと願っているのですが。・゚・(*ノД`*)・゚・。
[PR]
by KUBOTCHI | 2004-12-18 10:54 | 音楽
   

くぼっちです。大好きな阪神タイガースや音楽や映画、ドラマについてなどなど。。。コメント、TBなどお気軽に( ̄▽ ̄)
by KUBOTCHI
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧