> 以前の記事
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
> ご訪問、感謝デス!
ご訪問、誠に有難うございます。
「今日のヒメゴト」は、皆様によって支えられております。


> 最新のトラックバック
おいおいおいwwwwwww
from ぷちょ
はわぁぁぁわわぁあ!!!!
from タラ様
ナスwwwwwwww
from マサマサ
Η(・∀・)イイ!!
from しんや
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
X54ESDRAいいです..
from X54ESDRA大乱交スマッ..
NtQyCOR0いやマヂ..
from NtQyCOR0くれくれ厨
FrcKAMpIディープ..
from FrcKAMpIハメ次郎
uTJmxAEY俺の女神様w
from uTJmxAEY不死鳥
カテゴリ:映画( 17 )
『Ray』
ここ数年で目覚ましく進化したもの・・・と言えば、携帯電話でもインターネットでもなく、「天下茶屋駅」と答えるほど、南海電車が大好きなくぼっちです。こんばんわ。

さて、今日はグラミー賞にアカデミー賞と話題のあの映画を観て来ました。

『Ray』

レイ・チャールズ。「ジョージア・オン・マイ・マインド」やら「いとしのエリー」などのヒット曲だとか、盲目だってエピソードぐらいはよく知っているんだけども、その生涯については全く知りませんでした。

幼い頃に弟が目の前で溺死したこともあって、そのトラウマに悩まされ続けます。そして、トラウマを克服するためにクスリ中毒になります。時折、そのトラウマが甦って苦悩するシーンや、中毒を克服しようとリハビリに苦しむシーンの描写は、「トレインスポッティング」を彷彿させる壮絶さでした。さらに、複数の愛人を持ったりするんですが。コーラス隊たちの愛人としての争いも、愛憎と嫉妬が渦巻いて凄まじかった。

しかし―なんと言ってもこの映画の見所は、ジェイミー・フォックスの演技でしょう。さすがアカデミー主演男優賞獲るだけのことはある素晴らしい演技でした。ディカプリオなんて論外です。また、ピアノを弾きながら歌う姿は、どう見たってレイ・チャールズそのもの。驚きです。グッチ裕三なんかより、よっぽどそっくりです。(当たり前だ)

音楽もやっぱり良かった。この映画を観ていると、ゴスペルとブルース、そしてカントリーをミクスチャーさせるってのが当時としてはどれだけ画期的であったかと言うことがよくわかる。保守的なキリスト教信者が、「悪魔に魂を売った音楽だ!」と怒鳴り込んで来るシーンなんかは象徴的ですよね。エンディングの「ジョージア・・・」には思わず涙しちゃったよ。サントラ買って、聴き直しますっ!
[PR]
by KUBOTCHI | 2005-03-04 01:04 | 映画
『スーパーサイズミー』
c0007209_002519.jpg

ココリコ黄金伝説 THE MOVIEって感じのバカ企画、いやぁ~おもしろかった。
でも当初思ってたほど、ただの体当たりバカ企画ってわけでもなく、ファーストフードが体に与える悪影響(特に子供)や中毒性などを訴える、考えさせられる内容でした。

特にアメリカの給食事情に驚いた。日本じゃ栄養士なんかがちゃんと献立考えてて、「子供がこんなの好んで食うわけねぇじゃん」とか「なんでご飯に牛乳なんだよ!?」なんてメニューが軒並みなんですけど、あっちはファーストフード的な業者が入ってたりするんだね。そりゃ、アメリカ人は太るはずだよ。ブリトニーなんて奇跡的なんだな、きっと。たぶん、子供を持つ親がこの映画観たら不安になるんじゃないかな、とも思った。まー今の日本の若い子らは体型作るのに腐心してるぐらいだから、むしろ心配しなきゃいけないのは、俺らぐらいの世代なのかも知れないけど・・・。

マクドって「うまい」とはお世辞にも言えないけど、たまぁ~に食いたくなるんだよね。ほら、体に悪いものほど、うまいって言うじゃない。これって中毒なのかな?でも医者に「無人島に漂流して、他に食べるものがないなら食べることをおすすめする」なんて言われると、さすがに食べる気せんわ。だけど、テリヤキバーガーとマックシェイクは好きなんだよなぁ~。
[PR]
by KUBOTCHI | 2005-01-15 00:23 | 映画
「ターミナル」
c0007209_1815812.jpgターミナル観て来ました。できるだけネタバレなしで書きますが、ちょっとでもバラされたくない!と言う人は読まないように。

トム・ハンクス主演のヒューマンドラマで、超感動作って聞いてたのでかなり泣く気マンマンで観たのですが、そんなに大泣きするお話でもなかったっす。むしろ、痛快なコメディ的要素のほうが強いかも・・・。クスッと笑えるシーンが多かった。特に、はじめのうちは疎ましげに扱われてた外国人のトム・ハンクスがある事件をきっかけに皆から信望を集める下りは、かなり痛快で楽しかった。

それにしても、後半のテンポがあまりにも淡々としてて、キャサリン・ゼタ・ジョーンズとの恋もあんな結末でいいのかなぁ?という印象。ま、いいんですかね。トム・ハンクスの演技はさすが!でした。


【くぼっちの選ぶ甘~い台詞 φ(..)メモメモ・・・】

トム 「人間は、誰でも何かを待っているものさ」

キャサリン 「あなたは何を待ってるの?」


トム 「君を待ってるんだ」



アマ━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━イ!
[PR]
by KUBOTCHI | 2005-01-07 18:27 | 映画
『僕の彼女を紹介します』
ようやく、年末に観た映画のレビューってことで。

『僕の彼女を紹介します』

c0007209_235791.jpg


『猟奇的な彼女』を観て、「お、俺もチョン・ジヒョンに罵倒されてぇ~!」と思わず彼女の虜になってしまったクチですので、予告で観た時から非常に気になってたんですよ。

で、さっそく観に行って来たんですけど、めちゃめちゃ良かった!クスッと笑えたり、チョン・ジヒョンの男勝りなキャラクターにスカッとしたり・・・そして最後にはホロッと泣けてしまったりするので、「猟奇的な彼女」にMに目覚めた男性方へは特におすすめです。

ちなみに、理由は敢えて言いませんが、映画を観る前に必ず、「猟奇的・・・」は観ておくことをおすすめします。

↓ ここからネタバレあり!観てない人は読まないでね。 ↓

とにかくチョン・ジヒョン萌え~の俺にとっては最高の映画でした。特に前半の彼との出会い部分は、「猟奇的・・・」に彷彿させるS系キャラでしたし。

ストーリーのほうですが、「あー、たぶん彼が死ぬんだろうなぁ~」と予告の段階で完全にバレバレな感じだったんですが。それにしてもアッサリ死ぬなぁ、と。え?なんで?ってぐらいアッサリと。で、すぐに予告に出て来る飛び降り自殺シーン。飛び降り自殺して終わりなのか?と思ってた俺は、「え?もう終わり?」と思っちゃいました。死んでからが本題だったのね。

彼を失って、生きる希望を亡くしていた彼女が、死後の彼の魂に出会うことにより、新しい恋を見つけようと立ち直る。まさに、「セカチュー」に対する韓国からの回答と言ったところですかね。セカチュー観てないけど。ウジウジ過去の恋愛を引っ張るより、前向きに生きようぜ!ってとこですか

と言うわけで。ストーリーは最高で文句ないんですが、彼女が脱獄犯に撃たれて意識不明になったときに、「実は生きていた彼に出会う夢を見る」シーンはいらねぇなぁ~と。あのシーンが何のためにあったのかが全く分かりません。

あと、死後49日目に彼が現れたシーンで思わず号泣し、「いやぁ~いい映画だったなぁ」と思っってしまっただけに。最後の地下鉄のシーンはいらんなぁ、と。「猟奇的・・・」の彼が出てきたあのシーンはいったいなんだったのでしょう?場内も見覚えのあるアノ顔に思わず笑いが起こってました。号泣した涙を拭くための時間?それとも猟奇的ファンに対するサービス精神?それとも次の恋を見つけて終わりってことなのでしょうか?謎です。
[PR]
by KUBOTCHI | 2005-01-02 00:01 | 映画
今更初めて観ちゃいましたシリーズ 『レオン』の巻
本日より始まりました「今更初めて観ちゃいましたシリーズ」!
ツタヤでバイトまでしてたくせに、今まで観たことなかったのかよ!?ってな映画を観るというだけの画期的新企画です。

第1回は、「レオン」ってことで、さぁ、突っ込んでください。「今まで観たことなかったのかよ!?」

c0007209_22421828.jpgこの映画、マジで人生ベスト1に選ぶ人多いですよね。合コンとかでも女の子に好きな映画を聞くと、「レオン」率は高いですしw

と言うわけで観ましたが、いやぁ~さすが人気あるだけのことはあります。すげぇ美しい映画ですね。殺し屋の映画で美しいって言われても・・・とか思ってたんですが、観て納得です。最後のジャン・レノとゲーリー・オールドマンのシーンが印象的でした。うーん、渋いっ!そしてやっぱり美しいです。

美しいと言えば、やっぱりナタリー・ポートマンなしにこの映画は語れないでしょう。最近のLUXのCMではすっかり大人の魅力プンプンですが、あどけない少女のナタリーはたまりませんね。当時12歳(?)とは言え、あんな甘えられるともう萌え死んでしまいそうです。ちょっと高橋愛似な気がするのは俺だけか?(←あんただけだよっ!)
[PR]
by KUBOTCHI | 2004-12-23 22:48 | 映画
JACKASS THE MOVIE
c0007209_2215390.jpg誕生日に悪友(笑)のN氏より一本のビデオが郵送されました。中身は、「JACKASS THE MOVIE」!
もともとはMTV発信の超過激なオバカ番組で、人気のあまり映画化までしちゃったらしい。

内容のほうですが。もう、とにかくオバカ!レンタカーでクラッシュしまくったり、アナルにミニカー突っ込んでレントゲン撮ったり、雪シャーベットにションベンかけて食ったり、巨大チ●コの着ぐるみで巨大マ●コにダイブしたり・・・と、もうムチャクチャ。痛い系、汚い系から下ネタ、ドッキリまでもうオバカのオンパレード!こんなこと思いついても誰もやらねぇよ!ってなことを本気でやってるんです。最強です。

きっと悲痛が前面に出てしまうと笑えないんだろうけど、ケガしようがバリカンで髪剃られようがゲロぶちまけようが、出てるヤツ全員大爆笑してて、「こいつら、楽しそうだなぁ」とさえ思わされます。あーいうノリは大好きです。真似しようとは死んでも思わないけどw

店内で大暴れしたり、店を破壊したりしまくってますが、あれって全部アポなしなんですよね?すげぇなぁ・・・。実際、逮捕されたり訴えられたりもしてるらしいですけど。電波少年でさえもNGな日本ではコレは受け入れられないだろうなぁ・・と思ってたら、日本でも公開決定ですか!大丈夫なのかね。

ちなみに、「紙のはしっこで指の間を切る」っていうのが、ほかの何よりも痛くて唯一テレビから目を背けてしまいました。うんこもゲロも凝視できてたんですけどw 地味だけど、リアルだからかな?
[PR]
by KUBOTCHI | 2004-12-22 22:58 | 映画
「フェイス/オフ」 (注:ネタバレあり)
最後の給料日まで、残金が3,000円を切ってしまったくぼっちです、こんばんわ。もちろん貯金もないぜぇ!
金もないので、今日はめっちゃテレビ見てます。今は堂本兄弟見てますね。BoA萌え~(;´Д`)ハァハァ

てなわけで、今日テレビでやってた「フェイス/オフ」の感想でも書きます。ネタバレありますので、観たことない人は自己防衛願います。

c0007209_233383.jpg6年前に劇場で観て(もう6年前ですか!?ビックリです)、その後もビデオで何度か観てるはずなんですが、自分でも「ここまでストーリーを覚えていないものか」と感心してしまいました。俺の認識しているラストシーンでは二人とも死んでたのですが・・・_ト ̄|○ 何かほかの映画と間違っているのかも知れません。まぁ俺の頼りない記憶力も、同じ映画をまるで初めて観るかのように楽しめる、という意味では利点なのかも知れないデス_l ̄l●lll

さて、映画のほうですが。ジョン・ウー流のガンアクションが最高にかっこいいですね。「OVER THE RAINBOW」バックの銃撃戦は名シーンです。で、要のシーンではお得意の爆撃&スローモーションキタ━━━━━y=-(゚∀゚)・∵.━━━━━ン!!!いやぁ、最高です。うちのショボイテレビじゃなくて、もいっかい劇場で観たいねぇ。。。

しかしまぁ、この映画の見所はなんと行ってもニコラス・ケイジとジョン・トラボルタの2人の渋い演技でしょう。悪役と正義役が入れ替わるなんて、、、すごい。悪役のトラボルタとラストシーンのトラボルタは完全に別人だし、ニコラスも然り。完全に引き込まれますね。
印象に残るシーンは、お互いが鏡越しに向き合い、銃を撃つシーン。鏡に映る憎き相手に銃口を向け、引き金を引くんですよ。最高じゃないですか!あんまり最高なんで、トロイはどうやって顔をつける手術をさせたんだ?とか、脱獄なんかする前に血液鑑定でもDNA鑑定でもしてもらえばいいんじゃないか?とか、顔交換できるヤツが死んだのにどうやって顔戻したんだ?とか細かいことにはツッコミを入れないことにしておく。
[PR]
by KUBOTCHI | 2004-12-19 23:27 | 映画
   

くぼっちです。大好きな阪神タイガースや音楽や映画、ドラマについてなどなど。。。コメント、TBなどお気軽に( ̄▽ ̄)
by KUBOTCHI
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧