> 以前の記事
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
> ご訪問、感謝デス!
ご訪問、誠に有難うございます。
「今日のヒメゴト」は、皆様によって支えられております。


> 最新のトラックバック
おいおいおいwwwwwww
from ぷちょ
はわぁぁぁわわぁあ!!!!
from タラ様
ナスwwwwwwww
from マサマサ
Η(・∀・)イイ!!
from しんや
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
X54ESDRAいいです..
from X54ESDRA大乱交スマッ..
NtQyCOR0いやマヂ..
from NtQyCOR0くれくれ厨
FrcKAMpIディープ..
from FrcKAMpIハメ次郎
uTJmxAEY俺の女神様w
from uTJmxAEY不死鳥
<   2005年 01月 ( 56 )   > この月の画像一覧
『救命病棟』&『みんな昔は・・・』&『優しい時間』&『特命係長』 第2話
第2話まとめて。いつもどおり、5つ星評価です。もちろん、あくまで俺の独断ですが。

『救命病棟24時』 第2話

第1話は完全に序章でしたが、いよいよキターって感じです。江口洋介、かっこよすぎます。助けたい、でも助けられない。涙を浮かべながら、「殴るなら殴ってください。でも、俺はこのやり方を変えるつもりはありません。」「今は、みんなが被災者なんです。」のセリフには号泣してしまいました。かつて、第2話で号泣したドラマがあったろうか。最後までついていきます!ちなみに、緊張感がピリピリ張り詰めたドラマの中にあって、大泉洋の役割はデカい。
[評価] ★★★★★


『みんな昔は子供だった』 第2話

あいかわらず、大きな動きなし。可もなく不可もなく。陣内孝則と筧利夫のテンションが高すぎます。
[評価] ★★★


『優しい時間』 第2話

イイです!長澤まさみタンが危なっかしくて目が離せないです。まさみタンが二宮の部屋でシャワー浴びて、「今から出るから、離れてて!」なんて言うシーンはいかにも倉本って感じですね。あ~あ~あああああ~♪(さだまさし)って聴こえてきそうです。あと、死んだ大竹しのぶが寺尾聡と話をする場面が俺は好きです。初Hの時は、足の指を舐めないようにしましょう。
[評価] ★★★★★


『特命係長・只野仁』 第13話

やっぱり蛯原友里は只野仁が好きだったんですねぇ。てか、もうこのドラマについてはレビューの必要ないっすね。最高。
[評価] ★★★★★
[PR]
by KUBOTCHI | 2005-01-23 01:02 | ドラマ
オレオレ詐欺に遭いました。
うちのオカンがオレオレ詐欺に遭ったそうだ。


「おかぁさ~ん、今日財布忘れて来て~ん」

と、泣き声で電話がかかってきたらしい。


「息子は、今家にいてます!」


と言って速攻、切ったそうです。


本気で騙すつもりなら、息子が無職かどうかぐらい調べとけ。
[PR]
by KUBOTCHI | 2005-01-22 13:04 | 日記
『サンボマスターは君に語りかける』 サンボマスター
c0007209_014568.jpg巷でずいぶん高評価のサンボマスターの2ndってことですが、実は真心のトリビュートの「拝啓、ジョンレノン」ぐらいしか聴いたことなかったんですよ。去年のフジロックでも見逃してしまったし。(てゆーか、知らんかった・・・_| ̄|○)

と言うわけで、このアルバムがサンボ初体験と言うことになるのですが。それでもそのお世辞にもイケてるとは言えないルックスや少ない予備知識なんかから、「きっと、轟音ギター・絶叫系なんだろうなぁ」と勝手に決め付けてしまってました。「ギターなんて爆音鳴らしてりゃいいんだよ!」てな、いわゆる不器用な感じなのかな、と。

で、聴いてみた感想としては、俺の想像は当たらずとも遠からず・・・でありながら、決して不器用なバンドではないなぁ、と感じた。「爆音ならしてりゃいい」的な思考も持ちながら、しっかりした音作りをしてるなぁ、と。アコギとか入ってたり、ブラスが入ってたり、ちゃんとしたギターソロが入ってたり。。。何よりも、曲の出来がいいですね。いいなぁ~。

て言うか、ゴチャゴチャ言わずに、とにかくまず聴いて感じて欲しいアルバムですね。ここまでゴチャゴチャ言ってた俺が言うのもなんですが。
[PR]
by KUBOTCHI | 2005-01-22 00:27 | 音楽
『Push The Button』 The Chemical Brothers

ここに告白します。俺、フジロックの時、ケミカルで爆睡しましたから・・・切腹!

最初の数曲ノリノリで聴いてたものの、ちょっと休憩してる間にあの世に往ってしまってました。目が覚めたら、「The Private Psychedellic Reel」(いつも最後にやる、アレ)始まってるし。世界一豪華な子守唄ですな。

そんな俺の「ケミカル、もういいよぉ~。ライブ、いつも一緒やし。」ってな萎え萎え気分を一気に揺さぶる今回の新曲、Q-Tip参加の「Galvanize」!Goo辞書によると、[流電気を通じる; 活気づける; 電気めっきする]みたいな意味だそうですが、まさにタイトル通りにビリビリやられちゃった訳です。いやぁ~、ループするバイオリン(?)のエスニックなフレーズがメチャメチャかっこいいですなぁ。

アルバムのほうですが。割と歌モノ(Hip Hop含む)が多いなぁ~という印象。中でもThe Charlatans参加のM-2「THE BOXER」やら、Bloc Party参加のM-3「BELIEVE」、Anna-Lynne Williamsのボーカルが冴えるM-4「HOLD TIGHT LONDON」なんかがカッコイイです。

歌モノ以外でも、アジアっぽい楽器(シタール?)が印象的なM-10「Marvo Ging」とか、「The Private・・・」を彷彿させる苗場で爆音で聴きたい曲、M-11「Surface To Air」とか好きですね。

総合的に見ると、「Galvanize」以外はインパクトある曲はそんなにないけど、1曲1曲が聴かせるなぁという印象。聴き込むうちに、ハマって行くんではないでしょうか。

あと最後に・・・CCCDってどういうことだよ!?オイ!
[PR]
by KUBOTCHI | 2005-01-21 10:14 | 音楽
『氣志團現象 最終章』 in 大阪城ホール
氣志團行って来ました!ツアー最終日!大阪城ホールです。つーか、ギターの星グランマニエがくも膜下出血となり(泥酔して転落)、公演中止になった分の延期なんですけど。いやぁ~、とにかく凄いライブ、もといギグでしたぁ。

18:30に開演。いつもどおり、COMPLEXの「BE MY BABY」で登場。「黒い太陽」、「GOD SPEED YOU」、「スウィンギング・ニッポン」など・・・。会場のおよそ8,000人ほぼ全員がバッチリ踊ってる光景は壮絶。

19:30頃、氣志團の専属ダンサー・微熱DANJIソロライブ。なんでも昨年CDデビューしたんだとか。デビューに至るまでのオーディションのVTRが、アサヤン風でかなり笑った。(『このあと、大発表しちゃうんです!』みたいな) 翔やんがつんく風で。

その後、氣志團マネージャー(♀)が登場。小林幸子バリの豪華衣装でアン・ルイスの「WOMAN」→マドンナばりのセクシー衣装に着替え、XJAPANの「紅」を熱唱。その後、微熱DANJIとの絡み(コント)が約30分ほど。腹筋ちぎれそうな程、笑った。

メンバーによる余興&カラオケ大会。白鳥松竹梅のマツケンサンバなど、盛りだくさん。これまたスベリ知らず。大爆笑の連発。いつになったら曲やるねんw

20:30頃、ようやくギグ再開。「恋人」や終盤の「One Night Carnival」大合唱など、大いに盛り上がる。ダンスなど完成度の高さには大変恐れ入る。

21:30、アンコール。翔やんのMCが約20分ほど。ちなみに本編でも20分近くしゃべってた。ライブでこんなしゃべるヒトは、やしきたかじんぐらいじゃないか?(しかも大ウケ)その後、「もしもツアーが失敗していたら・・・」と言うブラックなVTRが流れる(借金を苦にメンバーが自殺、翔やんはヤクザに東京湾に沈められる・・・etc)。

VTR終了後、プロデューサーの阿部義晴(元ユニコーン)登場。星グランマニエに花束とヘルメット(!)持って来たのには笑った。さすが、シャレの分かる人だ。阿部さんはそのままキーボードとしてバンドに参加。エンドロールが出て来て、終わりかと思いきや、もう1曲。「國道127号線の白き稲妻」で締め。最後はチェッカーズ「Jim & Janeの伝説」(いこうぜ!ピリオドの向こうへ!の元ネタ)が流れて終了。

なんとなんと、終わってみると4時間ものギグでした。ライブ見に来たのになぜか腹筋と頬が痛い・・・。4時間ほとんど笑ってたからな。この人たち、マジでサービス精神旺盛。エンターテナーです。凄いよ。
[PR]
by KUBOTCHI | 2005-01-20 01:26 | 音楽
太田・大阪府知事、今年も春場所“土俵入り”見送り
太田・大阪府知事、今年も春場所“土俵入り”見送り

 大阪で3月に開かれる大相撲春場所の千秋楽で、優勝力士に大阪府知事賞を授与する際、女人禁制の土俵に上がることを求めてきた太田房江知事は、18日の記者会見で、「日本相撲協会の対応を待つ」として今年も見送り、男性副知事を代理に立てると表明した。

 太田知事は「協会の取り組みの様子をもう少し見ていきたい。断念したわけでは絶対、ありません」と強調。協会に対しては「なるべく早く結論を出してほしい」と注文をつけた。


この人は、まだこんなことを言ってるのか、とちょっと驚いた。あんたが土俵上がったら、大阪府の景気が回復したりするのか?フェスティバルゲートが満員になったりするのか?ひったくりが減ったりするのか?バカバカしい話です。他にやることたくさんあるだろ。
[PR]
by KUBOTCHI | 2005-01-18 19:31 | ニュース
阪神いろいろ
シーズンオフとは言え、今まで阪神について何も書いてなかったので。
今日は阪神について、いろいろ。

『元広島・シーツと契約』

これについては色々あるんですが。まず、なんでシーツ?いや、シーツはすげぇいい選手だと思うよ。守備もうまいし、バッティングもそれなりに期待できるし。何より、野球をよく知ってるし。でも、鳥谷を育てたい、藤本もいる、関本もいる、ってのに、どう使うの?・・と思ってたらどうやら、

ファースト シーツ
セカンド 藤本(関本)
ショート 鳥谷
サード 今岡

で行くみたいです。それにしてもファースト・シーツってのは勿体無い。あと、なんで今岡がサードなのよ?いまや絶対的な信頼をおける今岡(数年前では信じられないことですが)をコンバートって?しかも、藤本もコンバート決定?鳥谷は応援してますが、そこまでしてショートで使う価値あるのか?・・・なんて言わせないように来年は死ぬ気で結果出してもらいたいもんだ。

ところで、片岡は???


『藪、アスレチックス入団決定』

藪に限らず、メジャー行きには色々と意見が分かれますが、俺は賛成派です。ただし、行くのなら絶対活躍せにゃならんぜよ。日本でトップクラスの選手が行くんだから。毛唐どもに一泡吹かせるぐらいの気持ちでいてもらわないと。お前は個人として行くかも知れんが、常に背中に日の丸背負ってると思ってもらいたい。でなきゃ、日本のファンを裏切る行為だと思ってもらいたい。ゆえに、田口なんてのは非国民です。さっさと日本に帰って来なさい。

で、藪ですが。それなりに活躍すると思うよ。あっちはストライクゾーン広いし、何より阪神打線よりもよっぽど援護してくれるだろうしw


『井川、今年のメジャー移籍を断念』

で、井川。メジャー行きに賛同するって行っても、それはFAと言う権利を行使しての話であって。確かに2003年は20勝したけど、数字ほどには良くなかったと思う。消化試合に強いがここ一番で打たれるイメージが強いので。

要は、イチローとか松井(稼)みたいに、球団よりまずファンが「まぁ、行きたいって言ってるし、あれだけ活躍してくれたから、行かせてあげようよ」って気持ちになれるぐらいじゃないと、ポスティングで行くことなんて認められないわけですよ。ポスティングはFAと違って、選手に与えられた権利ではないので。ゆえに、阪神ファンに非難轟々浴びせられてるようじゃ、まだまだ行くべきではないわな。


c0007209_17323860.jpg『70周年シンボルマーク発表』

「両目を見開いた虎」ってのは結構だけど、なんだかかっこ悪くないか?左目が取ってつけたようで・・・。あと、キャッチフレーズが「三世代 六甲颪を 大合唱」ってことですが。一世代に1回ずつぐらいしか優勝してないですから!残念!
[PR]
by KUBOTCHI | 2005-01-18 17:41 | 阪神狂の詩
スピッツ 『スーベニア』

無職で貧乏なもので。最近あんまりCD買えないんだよなぁ~。で、あんなワザやこんなワザを使って音源を入手してるんですが(ここでは言えませんが)・・・。1曲目試聴して、マッハで買ってしまいましたよ。すごくイイです。

M-1の「春の歌」はスピッツ的キラーチューン!M-2の「ありふれた人生」がまたまたキュンとなるような泣きメロ。この頭2曲で心臓を撃ち抜かれたような感覚になります。なんか、光景が浮かんでくるような・・・。先行シングルの「正夢」はこれまたヤバイぐらいスピッツな名曲なんで、この3曲聴くだけでも買う価値があるのでは?M-3のスピッツ的パンクダンスチューンな「甘ったれクリーチャー」もイイです。

そんなステレオタイプなスピッツ曲はもちろん、沖縄民謡みたいなM-5「ナンプラー日和」やレゲエなM-10「自転車」なんか聴くと、「スピッツって、何やってもスピッツだなぁ」と思います。もちろん、いい意味で。

透明感とクネクネ感がいい割合で共存してて、スピッツらしい良いアルバムです。
[PR]
by KUBOTCHI | 2005-01-18 00:33 | 音楽
ドラマ第1話まとめ
評価(期待値込み)を5つ星評価で。ちなみにレビューを読み直してて気づいたこと。俺、「おもしろい」と思ったドラマのレビューは極端に短い。つまらん時のほうが長い。全然、甘口ちゃうやん。

★★★★★(最高!)
優しい時間 ・・・ 言うことなしです。絶対、泣く自信あり。

★★★★(なかなかイイですな。)
救命病棟24時 ・・・ このテーマを持ってきた勇気を評価。
特命係長・只野仁 ・・・ 既に安心して見れるって感じ。

★★★(及第点かな)
みんな昔は子供だった ・・・ 今後の展開次第。
義経 ・・・ 歴史には疎いので、レビューは省略。

★★(微妙。。。)
Mの悲劇 ・・・ 最終回まで見れるかなぁ・・・

★(つまんない・・・)
不機嫌なジーン ・・・ 俺が不機嫌だよ

???(まだ見てない)
富豪刑事 ・・・ jaguarさん、ビデオ貸してね。
ごくせん ・・・ 見るかどうかは微妙

XXX(見ない)
H2 ・・・ 時間帯被ってるからなぁ。この時間帯はいつも悩むんだよ。
87% ・・・ 暗そうなんで。。。
Deep Love ・・・ ノーマーク。
[PR]
by KUBOTCHI | 2005-01-17 23:48 | ドラマ
月9 『不機嫌なジーン』 第1回
「もう月9には期待しないぞ!」
― 「東京湾景」観たときに、確かそう思ったはずなんですがw 竹内結子だし、とまた期待してしまってた俺がいました。で、第1話観た感想。

はっきり言って、つまらない。笑わそうとしてる(?)シーンがちっとも笑えない。なんかアニメとかVTRとか入ってくるんだけど、それがもうダメダメで。むしろ逆効果。

何よりですねぇ、回想シーンに突然しかも何度も変わるんですよ。もう切り替えが激しいから、よーく集中してても、どれが現在だかわからなくなる。プロ野球中継のリプレイが急に入って、「あれ?またホームラン打った?」みたいな。そんな感覚。干潟でムツゴロウ採ってたシーンを回想しながら、干拓地を見てるシーンなんて、もう何がいつの回想なんだか。。。

付け加えると、「院生だろ?もっと勉強しろよ」と思った。「動物のお医者さん」とかに比べるとリアリティがないな。その点は、「ビギナー」的な印象かな。

それでも、終盤のメダカ採りに行って失恋するシーンと、屋上で鷹を呼ぶシーンでなんとか持ち直しました。今後オダギリがどう絡んで来るかも見ものですし。

あと、最初に武田真司と釈由美子が出てきたのはビックリ。一番最後のおさらいシーンでまた武田真司が出て来たとこでは思わず笑ってしまいました。

ちなみに山田優の出番は1分程度。台詞も二言ほどでした。゚(゚*ω⊂ グスン
[PR]
by KUBOTCHI | 2005-01-17 23:12 | ドラマ